少しの気遣いで一日ハッピーに!


近所の小さな薬局での出来事です。
その薬局はレジが一つしかなく、店員さんの人数も多くはありません。

その日は特売日で、店内はいつもより混んでいました。
ジュースとパンだけ持ってレジへ行くと、案の定行列が。
他の方はカゴいっぱいに入れて並んでいたので、結構待つなぁと憂鬱な気持ちになりました。
たったこれだけの物を買うのにこんなに待つなら、買うのを諦めようかとも思いました。
どうしようか悩んでいると、前に並んでいた方が振り返り、「私たくさんあるので良ければお先にどうぞ。」と譲ってくださいました。
とても気持ちの良い譲り方で、何て親切な方なのだろうと心から感謝しました。
すると、それを聞いていた更に前の方も、「それしか買わないなら先に行って。」と声を掛けてくれたのです。
優しさが連鎖したような気がして、とても心が温かくなりました。

待つのが嫌だなぁと考えていた自分が恥ずかしくなり、見習わなくてはいけないと考えさせられる出来事でした。
気遣いがとても嬉しく、その日はハッピーで特別な一日となりました。